So-net無料ブログ作成

身体と物理的な安定 [身体の使い方]

 今年は、各地で非常に強い台風が次々発生しています。次はいつ襲ってくるか、決して他人事ではなく私達も用心しなければならないですね。

 今日もフィリピンには、あの21号よりも強力な22号が接近しているようです。あまり被害が出ないことを祈るばかりです。


 ところで、衛星写真等で見ると台風の形は、その雲が渦を巻くように中心の目に向かって集まるようにできていますね。この渦巻構造は、台風のように求心性をもった力や、逆に高気圧のように遠心性をもった力が辿りつく、この宇宙では物理的に安定した形態なのだそうです。そういわれてみると成程、銀河系の形や渦潮、竜巻などが渦巻構造であることが腑に落ちます。


 私達も、長時間座っていたりすると、よく足を組みたくなります。時折恐ろしく組んだ足を軸足に巻き付けて座っておられる方も見受けます。立っている時も左右対称ではなく、あえて片足を投げ出してどちらかの肩を下げたり上げたりしている方も、よくみると体がツイストしているのが判ります。体をねじると安定して動かなくなるので、長時間立ち続けたり、座り続けるには便利なのでしょう。
 ただ、体の組織や背骨がツイストすることを固着させ始めると、あまり良くない症状が出る原因になるかもしれません。ちょっとした腰痛や肩こりはもちろん、腕や肩が上がらないとか、背中や首が痛むなど・・・。ご来院される方を見ていると、背骨が側弯したり、指が曲がったり、足の甲や踝に痛みがでたり、片目から涙が出やすくなったり、胃が下垂したりする現象も関係あるのではないかととよく感じます。

 左右対称でいることが苦にならないためには、ちょっとしたコツをつかむといいのですが、ことばで説明するのは難しく、あえて説明しても簡単には解ってもらえないと思うので、ここには書きません。ただ、このブログをたくさん読んで下さっている方には、あちらこちらで既に読んだことのあることです。

 ご来院いただければ、言葉よりも解りやすく、お体で感じて理解していただけるよう整体させていただきます。気になる方はぜひ一度ご来院ください。




ukimidors.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

9月になりました。

 ようやく猛暑も弱まりましたが、今度は台風に地震と新たに災害が続いています。
 被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。


 日ごろはあまり気づかずに生活していますが、このような時、我々人類が生身の姿で生きていくには、自然環境がある一定の範囲内で安定していることがなくてはならないのだと、改めて気づかされます。


 生命体の仲間には、氷河期を生き抜いたり、巨大隕石やスーパーボルケーノ後の荒野を生き抜く強い種族がいて、それらのおかげで全地球規模の絶滅災害を乗り越えて私達のような現代の生命たちにバトンを引き継いでいるのだそうです。


 逆に言えば、何が起こるかわからないこの地上で、極寒や炎熱地獄から身を守る殻をかなぐり捨てて、リスクにかけたからこそ、恐竜も人類も地上の繁栄を手にしたということになるでしょう。
 もっと言えば、私達人類の体は、地上の環境の調和を旨として、その前提に立ってリスキーに使わないと本領を発揮できないのです。

 実は腰痛も肩こりも、私たちの体の中の不得意な守る仕組みを作動しすぎると起きやすい現象です。誤解を恐れずに言えば、スポーツが体にいいのは、怪我と隣り合わせのリスキーな行為をうまくやり遂げるからこそです。スポーツをしておきながら、守る仕組みを作動させると、腰が引けたようになりパフォーマンスが悪くなるのはもちろんですが、逆に怪我をしやすくもなります。また一方で、怪我をしてしまうと、リスキーに動くのが怖くなるので、悪循環に陥って体が動きにくくなりやすいのです。


 ある意味やっかいな体ですが、天から与えられた才能でもあります。この地上に二足歩行し、腕を大きな可動域で自由に使い、脳を限りなく大きく発達させる。そんな特殊な生き物は他にはいないません。


 この人間らしさを精一杯発揮して生きていけるよう、皆様のお手伝いをさせていただくのが、私たちの仕事だと思っています。

DCIM0087.JPG



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。