So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年06月| 2018年07月 |- ブログトップ

いい姿勢~「頭の上から糸で釣り上げられているように」とは? [身体の使い方]

 いい姿勢とはどういうものかという問題に対して、よく「頭の上から糸で釣り上げられている、もしくは釣り下がってるように」と解説されていることがあります。

 美容や健康に気をつけようと考えはじめた時、私もそうでしたが猫背だったり姿勢が悪い自覚のある方は、まず姿勢をよくするために頑張ろうとすることでしょう。
 しかし頑張れば疲れます。疲れてくるので、気がつくとまた猫背になっています。

 そこで、肩甲骨から背骨を硬めて動かないようにして釣り上げれば、ある程度この言葉に似た状態を長く維持できるかもしれません。そこでこの言葉をそういう意味だと思い込んでいる方が少なくありません。
 しかし、背骨を固めて動かないようにすれば、いつか背骨のあちこちにロックがかかって体がコチコチに固まってしまうことでしょう。ボキボキ背骨を鳴らしてロック解除すればまた動くようになりますが、動かないようにしながら動かすという、そんな酷使に背骨はいつまでも耐えることはできません。
 また、背骨が体を動かないようにロックすれば、内臓にも悪影響をあたえます。呼吸は浅くなり、循環は阻害され、消化活動にもよくありません。体も歪みます。
 手足はしびれ、膝も指も曲がって痛みに苦しむことになる場合もあるでしょう。
 ボキボキしたり長風呂したりしながら体の不調をだましだまし乗り越えても、いつか年とともに本当に大変な時が近づいてきます。

 実は「頭の上から糸で釣り上げられている、もしくは釣り下がってるように普段から姿勢を作る」という言葉の意味は、いい姿勢になるために力を入れてうまく作れた時には、自分の力で釣り上げ続けるのではなく、あたかも頭の上から糸で他の誰かに釣り上げられているように、もしくは他の誰かの力で釣り下がってるように、力を入れ続けなくてもいい状態になる、そんな姿勢~フォームが存在するという意味なのです。
 
 さてこの他の誰かとは誰でしょう?それが解かれば、いい姿勢の謎が解けます。

 それはある人に言わせれば自然治癒力というものです。自律神経という人もいるでしょう。瞑想の境地なんていう人もいるかもしれません。無意識な深い呼吸が大事という人もいるかもしれないですね。

 いずれにせよそれらはつまり、この地球の大地の上に人類が繁栄してきたこの数百万年の間継続している安定した自然界のバランス~物理法則や化学反応の安定した傾向等がもたらす力の調和~を取り入れた体のメカニズムといったものなのです。それを東洋医学では陰陽五行の調和と表現します。

 このように説明すると難しい話になりますが、実際にはもっと感覚的なものとして理解できます。

 それは歩き始めたばかりの赤ちゃんが、研ぎ澄まされた感覚で大きな頭を小さな体で支えて、腰痛や首肩こり知らずでいる時にやっていることです。野生の生き物が研ぎ澄まされた感覚で、高い運動能力を発揮しているときにやっていることです。
 
 赤ちゃんがお座りしている姿はいかにも「頭の上から糸で釣り上げられている、もしくは釣り下がってるように」見えませんか?

 年をとってもシャンとしている方も、並外れて力が衰えないわけでも、意思の力が強いわけでもありません。そのコツを知っているからシャンとしていられるのです。

 上手下手はありますが、誰もが赤ちゃんの時にはできていたはずのこの感覚を、ストレスや怪我などの積み重ねの中で、多くの方がいつしか失っているのかもしれません。
 
 この感覚を整体で感じられるように取り戻していくことをお助けするのが、当院の目指すものです。ぜひこの感覚を味わってみてください。

DCIM0086.JPG

肩こり、腰痛、頑固な痛み、シビレなら、東洋整体術仲町台療術センターにお任せください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

2018年06月|2018年07月 |- ブログトップ