So-net無料ブログ作成
検索選択

力を抜く方法(その2) [身体の使い方]

 今日は前回の続きで力を抜く方法についてお話してみたいと思います。


 前回は力を抜くという行為が、正確にとらえようとすればするほど微妙なものであること、例えていうなら1か0かを判断すればよいデジタルな思考ではとらえにくい、いわゆるアナログ的な現象であることをお話しました。力を抜くこと一点に意識を集中して行おうとすると却ってうまくいかない傾向があるということです。


 こうお話すると、そんなことは無い。自分はそれができると思われた方もおられるかもしれません。

 確かにある意味では力を抜くのは、意識を集中して行うこともできます。



 
 簡単に言えば、それはいわばダラッとするとかダラーンとするリラックスやり方です。



 しかし実はここに力を抜くことが難しい三つ目の原因があります。

 実は肩こり腰痛などで整体院にこられる方には、力をぬいてくださいといわれるとどうしていいかわからなくなる方と、力を抜くときには常にダラッとすることが習慣になっている方がとても多いのです。

 そしてダラッとするとかダラーンとする以外にリラックスする方法があります。


 まずは、下のいくつかの写真をご覧ください。
a1180_001674.jpg
a0780_000008.jpga1180_005009.jpg

 この写真の子どもたちはとてもリラックスしていますが、ダラッとしたりダラーンとしたりはしていません。

 では次にダラッとリラックスしている大人たちの画像をご覧ください。
a0001_000469.jpga0055_000759.jpga1180_000931.jpg

 それぞれのリラックスにはどんな違いがあるのでしょうか?
 簡単に言うと、大人たちは固いものに寄りかかろうとしています。硬いゴルフクラブが無い写真では、カラダのどこかを硬くしてそこに寄りかかっています。

 一方子どもたちは、やわらかいカラダのままリラックスしています。

 つまりダラッとするとかダラーンとするためには硬いものが必要です。硬さとやわらかさを2極分化したデジタルなやり方でリラックスすると、ダラッとするとかダラーンとすることができます。(そういうリラックスをしてはいけないわけではありませんが、そのようなリラックスはカラダのどこかが硬くなっているので、長く続けてしまうと硬さが固着していわゆる凝りの状態になっていきます。)



 小さな子どもたちにはまだ力があまりありませんが、小さな体でアンバランスに大きくて重い頭を支えています。体幹の筋肉でカラダを硬くして寄りかかったり、ぶら下がったり腕力で何かにつかまってダラッとリラックスすることができません。必然的にアナログなリラックスをするしかないのです。全体がバランスの中でいわば本能的に野生の動物~ネコ等がわかりやすい例です~のように調和しています。
 このようなリラックスをしているのは実は子どもだけではありません。カラダを使うのが得意な人々は大人になってもこういうリラックスをし続けています。わかりやすい写真素材をうまく見つけられなかったのでUPしていませんが、ご来院いただいた方にはご自身のお体で味わっていただくことができます。お好きなトップアスリート~ダルビッシュ投手や羽生結弦選手など~のオフショットなどを思い浮かべてもらってもいいかもしれません。
 また、自転車に乗っている時の軽やかで自由な感覚を思い起こしていただければ、それに近い感覚をイメージしやすいかもしれません。逆に補助輪つきの自転車に乗っている時の重くて不自由な感じが、硬いものに寄りかかるリラックスです。


 次回も引き続きこのアナログなリラックスとデジタルなリラックスの違いについてもう少し詳しくお話しましょう。


DCIM0145.JPG
 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザ痛で歩くのがツライ方もどうぞ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

力を抜く方法 [身体の使い方]

 凝りとは何でしょう?
それが筋肉が固まってしまった状態だとしたら、力が入ったまま抜けなくなってしまった状態だと考えられます。
 緊張とは何でしょう?
心理的な要因などから自分の意思とは無関係に、体が硬くなる現象だとしたらやはり、不必要な力が入ってうまく抜けなくなっている状態だと言えます。

 ではその力はどうしたら抜けるのでしょう?
力を抜くことなんて簡単なようにみえるのに、何故凝りや緊張で悩む方がこれほど多いのでしょう?
今回はそんなお話をしてみたいと思います。


 力を抜くことが簡単なようで難しいということには、理由があります。
実は多くの方が力を抜くということに対して思い描いているイメージと、現実のカラダの仕組みとの間には少なからず相違があるのです。


 まず一つ目に言っておかなければならないことは、あまりにも当たり前のことですが、大前提として私たちは生きているかぎり100%力を抜くということはありえません。力を抜くと言うとき、私たちは死体のようにその場で大地に崩れ落ちて朽ちていくことを想定しているわけではありません。
例え体を横たえているとしても、最低限体の形を保つ必要はあるわけで、スーパーで売られているような肉片になることを目指しているわけではありません。


 つまり、力を抜きたいという言葉を正確に表現すると、抜きたいと思っている力、不必要なのに入ってしまって抜けない力だけを抜きたいということで、その人が立っているなら、立っているのに必要な力以外を抜きたいということですし、座っているなら座るのに必要な力以外寝ているなら、横たわるのに必要な力以外を抜きたいということになります。


 もっと現実に即して言えば、その時点で生活するのに必要な力以外を抜きたいということになります。
 たとえばずっと立ちっぱなしで足が棒の様に硬くなってしまったから、やっと座れた今、その力はもう不要だから早く抜きたいとか、これから舞台で演奏する音楽家が、緊張のために固くなってしまっているので、演奏に
必要な力以外を抜きたいという思いなどが、様々な場面ごとにあるということです。


 ですから、力をうまく抜くためには、抜きたい力と抜きたいと思っているわけではない力の中から抜きたい力は抜いて、入れたい力は入れるという行為をすればいいわけです。


 
 しかしここで問題が発生します。人間の意識は二つの相反する行為を同時に行うということがひどく苦手なのです。集中するばするほど、ひとつのことしかできなくなります。


 これが二つ目の問題です。長くなりましたので続きは次回。
DCIM0144.JPG




 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザ痛で歩くのがツライ方もどうぞ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

骨盤の歪みと頭蓋骨の歪み(その2) [身体の使い方]

 前回の続きを書くお約束でしたが、随分間が開いてしまいました。

 前回は骨盤が開くとはどういうことかと、それにともなって歪みが全身に波及していく様子について簡略化してお話しました。


 今回は、やはり簡略化したものではありますが、もっとピンポイントに頭蓋骨に波及する歪みについてお話しましょう。


 まず下の図1は、自分の骨盤を上から見下ろすように示したものです。
そして骨盤が開くとは前回お話したように、赤い実線で描いた矢印の方向に、前下方から上後方にひらいていきます。
骨盤底開く.gif
図1

 そして次の図2は頭蓋骨を横から見た図です。色分けしてわかりやすくなっていますが、頭蓋骨は実はひとつの塊では無く、板状の骨が組み合わさってできています。
赤ちゃんの頭を触ったことがある方はご存知だと思いますが、生まれたばかりの子どもの頭は非常にやわらかいです。
 板状の骨にたくさん隙間があるのです。大人になるにしたがって隙間はふさがっていきますが、多くの隙間は完全に結合することはありません。可動性を残しておくことで脳脊髄液のリズミカルな新陳代謝を可能にします。またそれぞれの結合部分はギザギザした凹凸があるので、その凹凸の方向にそって可動可能な方向が決まっています。この頭蓋骨を赤い実線のところで切って上から見てみます。
脳室.gif
図2


 それが次の図3です。ここは脳が収まっている場所であり、その底になります。
頭蓋骨底.gif
図3

 




 ここで前回の記事をもういちど振り返ってみますと、骨盤を開いて使っている人は下の図4のように頭を引っ張っています。それを骨格図に落とし込めば図5のようになります。
下腹.jpg
図4
bone_skull_sideopen.gif
図5

頭蓋骨の底を上から見た場合図6のようになります。並べて見れば骨盤と頭蓋骨が同じような構造でできていて、同様に前下方から後上方へ開いていることがわかります。
頭蓋骨底open.gif
図6
骨盤底開く.gif





 こうして背骨をはさんで上と下で連動した歪みが発生するのです。

DCIM0006.JPG

 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザ痛で歩くのがツライ方もどうぞ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

骨盤の歪みと頭蓋骨の歪み [身体の使い方]

 膝痛のところでも触れましたが、骨盤が開くと連動して頭蓋骨も開きます。
今日はそれを詳しくお話してみようと思うのですが、骨盤の開きといっても個人差がありますので太って見える方も、やせて見える方もいます。また、骨盤が左右の開き方が違ってねじれながら開く方もいますので、一様ではないのですが、今日は誤解を恐れずにできるだけわかり易い開き方のパターンで簡単に説明してみたいと思います。


 骨盤は前下方に閉まっていることが重要です。それが開いてしまうきっかけは様々ですが、典型的に開けば下腹が開いてぽっこり出てきます。pelvisfemale_antehiraku.jpg

 そのままでは体を立たせておくことが困難になってしまうので、最も簡単に骨盤を安定させることができる方法を選ぶことになります。
 つまり骨も筋肉も多い骨盤の後上方を閉めていくことになり、ますます前下方は開いていきます。
骨盤後上方.jpg
 骨盤の下方つまり底が開くと、当然内臓が下がってきます。
下がる内臓を使いやすい腕力や下あご周りの筋肉で、力ずくで引っ張り上げようとするので、胸は張れていても,
はと胸になったり、胸の中央が凹んでいたりします。またあごが上がってきます。
下腹.jpg
 あるいはさらにこじれていくと、あごが上がるのが気になってあごを上げた上でさらにあごを引いたりします。力ずくの連鎖ですね。
あご引く.jpg
 そうなると、横から見るとあごの無いシルエットの顔になってしまいます。

 このまま力を失ってだらっとした内臓を、常に力んでいる腰周りの筋肉、腕力、顎力で引っ張り続けていると、年を重ねるごとに様々な内臓の不調や筋肉の強ばり、骨格の可動不良が強くなっていきます。

 また、このバランスのまま姿勢を気にして背筋を伸ばそうとすると、さらにこじれていきます。
まず背骨のすぐ前側を引っ張り上げるか肋骨ごと引っ張り上げるかで、やせ型の開くタイプか、はと胸タイプになるかが違ってきますが、どちらも力ずくなので背骨の後ろ側、つまり本当の背筋はつぶれていきます。そのつぶれた側に脊髄神経の通る脊柱管があるので神経痛やヘルニアの危険がでてきます。
背筋のつぶれ.jpg


ちょっと長くなってきたので、続きはまた次回。
 

 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザ痛で歩くのがツライ方もどうぞ。 DCIM0003.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

春!

 気温も上がり春らしくなってきました。

 季節の変わり目を、東洋の五行思想では土用と言います。
春夏秋冬の四季以外にもうひとつの季節があるというのです。
夏の土用はうなぎを食べたりすることでよく知られていますが、実際には春にも
当然土用があります。厳密に暦の上では今年の春の土用はもうちょっと先になりますが、
自然現象ですから、暦どおりに突然季節が変わるわけではないので春は少しずつやってきています。


 五行思想では、世界をすべて五つの特性にわけて捉えます。
季節では、春、夏、土用、秋、冬ですが、内臓では、肝、心、脾、肺、腎がそれに対応しています。内臓は陰陽では陰になるので、さらに陽側で対応する腑が、胆、小腸、胃、大腸、膀胱になります。


 土用に対応している内臓は、東洋医学的には脾臓、腑は胃ということになります。詳しい話は長くなりますが、東洋医学でいう脾臓は、西洋医学でいう膵臓だけもしくは膵臓+脾臓と考えるべきだという説がありますが、私もその説が正しいのではないかと思っています。
ここでは脾臓というとき、東洋医学的な考え方でいう脾臓としてお話していきます。

 膵臓は胃とともに、体幹の中心に位置して主に消化活動をになっています。膵臓はインスリンを分泌する内分泌腺としても重要な働きを担っています。

 古の知恵では「脾主運化」といい、脾臓は取り込んだ栄養や体液を体中に巡らせる働きをつかさどるのだとされています。西洋医学的に見ると膵臓は膵液を分泌して消化を助けたり、インスリンを分泌して血液の流れをコントロールしたりしているので、確かに腑に落ちます。

 季節の変わり目には、いわば体が衣替えをするわけですから脾臓も忙しくなります。
うまく体が季節に対応するのは大変な作業ですから、調子を崩す方が増えてきます。熱を逃がさない冬仕様の体から熱をこもらせない夏仕様の体に変えなければなりません。閉じた体を開くようにこの変化を乗り切ることが難しいためか、整体院は、これからどんどん忙しくなります。うまく開かないと、アンバランスに開いて体が捩れて関節痛や腰痛を起こしたりします。顔が捩れる方は、鼻などに炎症がおき易くなりますから花粉などにも反応しやすくなります。いろんな症状の方が来られます。


 ご自身で簡単に予防するには、消化に良い食事を心掛けることです。体の衣替えが済むまでは脾胃にやさしい食事をしてみるといいかもしれませんね。

 

DCIM0001.JPG
 木蓮も咲きましたね。

DCIM0002.JPG
 さっそく絵に描いてみました。



 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザ痛で歩くのがツライ方もどうぞ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ヒザ痛療法(その2)

 木蓮のつぼみが膨らんできました。
DCIM0143mag.jpg

 いつか木蓮の絵も描きたいと思っています。



 さて、前回に続いてもうちょっとヒザのお話をしてみたいと思います。

 膝を構成する骨の歪みとは、具体的にどんなものでしょうか?


 ほとんどの場合膝下の脛骨が外側へ回転しています。
もしこれを読んでいる方が、神経痛や関節水腫でない歪みからくるヒザ痛で苦しんでいらっしゃるのなら、ご自身のヒザの骨を触ってみてください。

bjoint_knee.gif
 まず上の図で判るとおり健康なヒザの場合、お皿の中心から下に脛骨の中心が来ています。脛骨の中心とは下の図では青い実線で描かれていますが、上の図でも描かれているように触っても判る尖ったラインがあります。
bjoint_kneeyugami.jpg

 つまり歪んでいる場合は、この青の実線で描かれている尖ったラインがお皿の中心よりも外側に開いてしまっているのです。前回の記事にも書きましたが、この歪みはいろいろな体の部位と連動して歪んでいます。
 最も判りやすいのは骨盤の開きです。骨盤は出産の時も下の図の赤い実線の方向へ開いていきますが、出産時だけではなく男性も女性も骨盤は開く方向へ歪みやすいのです。
pelvisfemale_antehiraku.jpg

 ヒザも骨盤と同じようにお皿の下で開いていきます。これが最も多いヒザの歪みです。


 ヒザだけを力づくで動かそうとしても骨盤が開いたままではうまくいきません。骨盤が歪めば、頭蓋骨も歪みます。やはり開いているので顔が大きくなります。骨盤が開けばお腹もでてきます。当院でヒザ痛でご来院になれば、もれなく骨盤矯正も小顔矯正も当然やります。
 余談になりますが私に言わせれば、よく巷で広告を出している骨盤矯正、小顔矯正、ヒザ痛治療を小出しにして価格設定している整体院はありえないし、その整体師はカラダのことを知らないか、整体よりも商売に熱心な整体師ということになります。

 
DCIM0142sakura.jpg
 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザ痛で歩くのがツライ方もどうぞ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ヒザ痛療法が得意です。

 まだまだ寒いですが、春の足音が少しずつ聞こえてきましたね。

外出する機会も増えてきますが、そんなときヒザが痛いとつらいですよね。


最近、当院のヒザ痛療法についてのご紹介をホームページの方でアップしましたので、今日はそれを転載します。


◆ 膝が痛い。見た目にも膝の形に異常がある。
もちろん怪我の場合は除きますが、膝が外見の異常を伴って痛い時には
①膝を構成する骨の歪みからくるものと
②いわゆる膝に水がたまっている「関節水腫」の状態になっている場合
が多いですが、どちらの場合でも当院の施術には非常に実績があります。 信じられないかもしれませんが、ほとんどのケースで一回の施術でかなり楽になります。もちろんすべて手技だけで施術します。器具は使用しません。

bjoint_knee.gif
 まず①の場合ですが、膝を構成する骨は、いわゆるお皿の骨=膝蓋骨、脛の内側の骨=脛骨、外側の骨=腓骨、太股の骨=大腿骨によってできています。 体の重みを支えようとするときになんらかのきっかけで癖を持ってしまうと、それぞれの骨がねじれながら回転し、傾いて、うまく支えられなくなります。 それでも体全体のしなやかさがあれば、歪みを体が吸収して痛みや外見の異常は発生しないで過ごすことができないわけではありません。しかし年齢を重ねることで、 次第に歪みが見た目にも現れ、痛みなども発生してきます。
 単純にこれらのねじれや回転を修正すれば、外見上の歪みも痛みも消せますが、普通の施術ではそうはいきません。力ずくで動かそうとしても動くものではないからです。 大腿骨は骨盤と、脛骨や腓骨は踵や足首、足の指の骨と連携をとって動いています。それだけではなく、足は動物でいえば後ろ足なのですから、前足である腕の関節とも連動しますし、 大きな動きをするもうひとつの強い関節=顎関節とも連動します。さらに膝には重要な内臓のツボがたくさんあることからも判るように内臓の働きとも連動しています。 これらをすべて把握して、連携させながらでないと、膝の歪みをもとに戻すことはできません。ですから整体師なら誰でもできるというわけではないのです。

 次に②の「関節水腫」の場合は、主に膝を使う時に体重をのせる場所のずれがポイントになります。本来なら、膝まわりの体液を代謝循環させるはずの部位に体重を載せる癖ができてしまっています。これも膝の骨の正しい位置や動かし方を知っていて、そこに手技で矯正することができれば、自然に体の本来の機能によって溜まった水は抜けていきます。 もちろん施術中に抜けてしまいます。

 ところで膝が外見の異常を伴って痛くなると痛みを起こさないよう膝をかばうようになります。ですが、歩いたり立ったり座ったりするためには必ず膝を使わなければなりません。 誰しも膝を使わないで動くことはできないのです。かばえばかばうほど、正しい体重のかけ方ができなくなり、歪みから抜けられなくなってしまいます。
 つまり、なんらかのきかっけで最初に発生した癖だけでなく、かばう癖も含めて痛みや歪みの原因となる癖を無くさなければいつか再発してしまいます。 歪みや痛みを予防するために定期的に繰り返し施術する方法もありますが、ご希望があればこのような膝の歪みをつくる癖から抜け出すコツもお教えします。

DCIM0140.JPG
ひさしぶりに絵も新しく書きました。けっこうペンがダメになっていて買いなおさないとですね。


 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザ痛で歩くのがツライ方もどうぞ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

今度こそ更新再開します。 [身体の使い方]

 ここ数年、プライベートなことが原因で後回しになる内に更新再開しようと試みながらかなわず、またまたご無沙汰してしまいました。

 今度こそ本当に再開します。


 さて、このところ大雪が続き、また今週の半ばに雪の可能性があるとのことですね。
まだまだ道のあちこちに雪が残っている状態ですので、足元には充分お気をつけください。


 とはいえ暦の上では立春もすぎ、明日は「雨水」(空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ)なんだそうです。

 確かに梅などの早咲きの花も咲き、そこここに春の息吹も感じられるようになった気がします。


 花粉ももう飛んでいるようですね。
以前は私もひどい鼻炎で、花粉などにも敏感に反応していた時代のありました。

 花粉症や鼻炎体質は、呼吸法や顎関節をはじめとする呼吸器に関わる筋肉群の使い方と密接な関係があります。
 また鼻の横にある頬骨は、大腿骨や膝、股関節周りの筋肉群のアンバランスの影響を受けることがあります。


 当院の整体では、痛みやコリの発生箇所だけを決められた時間だけ揉み解すのではなく、全身のバランスを整えることで、根本からの改善を目ざしております。
花粉症につながるような歪みやバランスの崩れもしっかり整えていきます。
 整体終了時には多くの場合、花粉症でない状態の鼻呼吸を取り戻すことができます。ただ、残念ながら花粉症になってしまう方の呼吸や筋肉群のアンバランスは長年の間に癖になってしまっているため、次第にもとの花粉症の状態に戻ってしまいます。しっかり花粉症から開放されるためには、通院していただきながら癖から抜け出す必要があります。

 花粉症はこれからが本番。今からでも間に合います。

 今年はお体のバランスを根本から変えてみませんか?


 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザ痛で歩くのがツライ方もどうぞ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ご無沙汰してしまいました。

またまた、久しぶりの更新になってしまいました。

とりあえず、新しい絵をUPいたします。

L7040017.JPG
L7040009.JPG
L7040024.JPG
L7040015.JPG





経穴のお話なども、近日中にまたご紹介していきたいと思っています。

 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザや足腰が痛くて歩くのがツライ方もどうぞ。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

春のにおい

梅がやっと咲き始めました。
L7040074.JPG

 去年のブログを見ると、梅はもう年明け前に咲き始めていたようなのですが、今年は既に2月も半ばです。
 開花が2か月半以上ずれているんですね。今年はそれだけ冬が厳しかったということでしょうか?


 今日も雪がちらついたりしてまだまだ寒いですが、花粉症の方はもう発症し始めているようですし、空気感、風のにおいの中に春の息吹を感じるようになってきました。個人的には、この早春の雰囲気が大好きです。みなさんはいかがですか?



 ところで前回のブログに書いた、大河ドラマの主題曲の情報が間違っていました。すみません。タルカスは挿入曲なんですね。前回の放送の本編でも流れていましたね。いずれにせよテーマ曲もタルカスもかっこよくて好きです。「平清盛」おすすめです。



L7040072.JPG
 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザや足腰が痛くて歩くのがツライ方もどうぞ。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。