So-net無料ブログ作成

乳中(にゅうちゅう)穴 [東洋医学]

 今日は、ツボのお話の続きです。

 前回は膺窓(ようそう)穴でしたので、今回は乳中(にゅうちゅう)穴です。このツボはその名のとうり、乳頭の中心にあります。
胃経.jpg
 鍼灸では使ってはいけないツボとされていて、母乳に関する問題がある場合などにハリやお灸以外の方法で用いますが、通常はあまり使うことはありません。

 ただし胃経の経絡は、缺盆から乳根まではこの乳頭=乳中穴のラインに直線状に並んでいるので、そのラインを探すのにとても便利な目印になります。

 整体でも直接触れて施術するわけではありませんが、肋軟骨と肋骨の境目の中央部として外肋間筋や胸横筋の重要な付着部になるため、胃経のパワーが肋骨を引き締める鳩胸の改善ポイントとして、また縦隔という胸膜や心膜、またはそこに配置される諸器官の歪みの調整するときのポイントとして意識することはあります。また、リンパや乳腺の体液の正常な流れを意識して施術するときのポイントとして使うこともあります。いずれにせよ、遠隔操作ポイントとして意識するといった使い方になります。

 このように人体の中では、とてもパワフルでしかもデリケートなポイントですので、重要なツボですが、一般の方には安易におすすめすることはできないツボ~経穴になります。

murouji.jpg

肩こり、腰痛、頑固な痛み、シビレなら、東洋整体術仲町台療術センターにお任せください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。