So-net無料ブログ作成
検索選択

下関(げかん)穴 [東洋医学]

今日はツボのお話です。

 頬車(きょうしゃ)穴から上に上がって、耳の穴の前で、頬骨が弓状に湾曲している曲線の中央の真下に下関(げかん)穴があります。
gekan5.jpg

 下顎骨の関節ジョイント部は、口を閉じた状態では耳の穴のすぐ前にありますが、口を大きく開けたときには、前方の下関穴の近くに移動してきます。下関穴という名前の由来は、ここが下顎骨の関節部の可動にとって重要なポイントであることからきていると思われます。
gekan2.jpg


 さて、この関節ジョイント部の移動がうまくいかずに、関節ジョイント部が前方でなく上方へ頬骨の出っ張りをガクッと乗り越えてしまうと、痛みをともなって、口の開閉に障害がでてしまう場合があります。ちょうど下関穴のあたりにある、側頭筋という筋肉は、咀嚼筋のひとつで大きな力をもっているため、ここが過緊張をおこすと、このような現象の原因となります。この筋肉をゆるめるために下関穴のポイントは有効に作用します。
gekan4sokutou.jpg


 さらにその奥には、外側翼突筋という咀嚼筋があり鼻腔を形成している蝶形骨という骨の下部と耳の穴の前部が口蓋の上、鼻腔内部でつながっています。この筋肉が関節ジョイント部を前方に移動させます。
gekan4gaisoku.jpg


 図のように頭を動かさずに下顎だけを下に開けば、この動きになるのですが、口を開けるために顎でなく、頭を上に開いて動かそうとすると側頭筋で口を開けることになるわけです。
gekan2.jpg
gakunorikoejpg.jpg


 しかし今度は逆に外側翼突筋が過緊張をおこせば、今度は鼻腔や耳に不要な力がかかってしまいます。

 というわけで、この下関穴は、下顎骨の関節部の可動にとって重要なポイントであるとともに、下顎関節障害、耳、鼻の諸症状、頭痛などにも有効な経穴になるのです。


L7040018.JPG

 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザや足腰が痛くて歩くのがツライ方もどうぞ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。