So-net無料ブログ作成
検索選択

大迎(だいげい)穴 [東洋医学]

今回もツボのお話です。


ikei.jpg
 今日は大迎(だいげい)穴です。

迎の字は大腸経の迎香穴で使われていました。
この場合は、鼻が香りを迎える~嗅覚のことを意味しています。


 大迎穴のあたりには感覚器官はありませんが、ここは頸動脈の大きな拍動を感じられる位置にあたります。また、東洋医学では脈診といって、動脈の拍動から診断をすることが重視されています。つまり、ここが大きな拍動を診る~迎えるポイントであるため、大迎穴と名付けられたとするのが、命名の由来のようです。


 この経穴は、ちょうど咬筋という噛んだり、歯を食いしばったりするときに使う筋肉の前縁にあたります。整体では、この咬筋の過緊張が、首や肩のこり、顎関節の痛みなどに関係するため、大迎穴のあたりをゆるめるように調整します。強く押すのではなく、ゆるめるポイントとしてやさしく触れていきます。
 また、前回の地倉同様、ここがゆるむと笑顔になり、胃腸にもいい効果があります。また、咬筋はこめかみとつながっているので、頭痛にも効き目があります。



L7040012.JPG

 つらい腰痛、がんこな肩こりでお悩みの方は都筑区仲町台の整体院、東洋整体術仲町台療術センターへお気軽にどうぞ。ギックリ腰や寝違え、ヒザや足腰が痛くて歩くのがツライ方もどうぞ。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

オカジュン765

最近朝起きると背中に激痛が・・・
一度診ていただきたいのですが、何分大阪なもんで・・・
by オカジュン765 (2010-11-14 16:47) 

ココアカ

オカジュン765さん。コメントありがとうございます。
背中の激痛、なんとかしてさしあげたいのですが、やはりお身体をみられないので、無責任なことはいえません。いい先生にめぐりあえますよう、お祈りしています。
by ココアカ (2010-11-14 22:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。